自分には未来を変えることは可能か?

こんにちは。天海 和美です。

西日本から東日本へ縦断する大雨を降らせるという雨雲の様子を見ながら少し絶望的な気持ちになっていました。

今まで起きたこともない人類の記録に残っていないような事態が次々と起こり、崖っぷちにいる地球の状況、、、、というのがもう崖から落ちてしまったのかな、、、という気持ちになっていた。

私が地球環境問題を知り、環境NGOの活動を始めたのは1995年でした。

その時、地球の未来を変えられるのは今しかない、地球は崖っぷちに来ている、、、ということを知って、それから必死で地球環境の現状を伝える活動をして来ました。

その頃は講演会を1000人から1500人規模で年間3回〜4回主催をし、全国の地域リーダーを育てるワークショップを年間3〜4回主催していました。

その頃言われていたのは今後地球温暖化が進み気温が上昇すると風速60メートルもするような巨大台風が起きて日本は壊滅的な被害を受ける、、、、というものでした。

他にもたくさんの内容があったのですが、私にはその状況(風速60メートルもするSF映画さながらの台風)がとても印象的でした。

2000年に東京国際フォーラムという巨大でゴージャスな会場で講演会をする時にNHKから映像をお借りして巨大スクリーンを入れて参加者1500人に見せました。

それを見ていた人も多くは「まさかね、、、そんなことにまではならないと思うけど。」と思った人もいたはずです、

でも、参加者の何十人かはその後本気で変わったかも知れない、、、それは私にもわからない。

だけどもう風速60メートルを超える台風はいくつかすでに発生してしまいました。遂に来てしまったか、、、という感じでした。温暖化で海水温が上昇することで巨大台風に発展しやすくなるのです。

その頃よく、IPCCのデータを見ていて(IPCCって国連の気候変動に関する政府間パネルで国際的な専門家・研究者でつくる地球温暖化についての科学的な研究成果・データの収集・整理をするための政府間機構なのですが)

その地球温暖化に関するデータとか北極圏の気象の異常について発表していたのが赤祖父 俊一教授(アラスカ大学・物理学者)だったっていうことを数年前に知りました。

赤祖父先生はオーロラの研究の第一人者でアラスカ大学でずっとオーロラの研究をしていて、北極圏の気象を研究することは世界全体の気候変動に影響する!と主張して昔はどの国も眉唾だったのにずっと研究をしていたのです。

それでようやく北の、極地の気候変動が世界に影響するということが理解され始めたんです。

私も当時は赤祖父先生のことは知らなかったんですがオーロラツアーでアラスカに毎年行くようになって知りました。私がNGOを始めた頃はこのままいくと北極海の氷が溶けて全て海になってしまう可能性がある、、、

夏でも凍っているはずなのに全く凍らなくなる時が来るだろう、、、、と言われていました。まさか、そんなことが、、、、と当時は半信半疑なくらいでした。

しかし、今では本当に夏には北極の氷が全て溶け、凍らなくなり、今年の冬は異常気象で真冬は海が凍っているのが当たり前のアラスカでしたが、、、、。

真冬なのに北極海の氷が溶け始め、普段は雪が降らない地域もずっと毎日毎日雪が降り続けました。

あの頃言っていたことが今が現実となって目の前に起きてしまっています。

というか、その頃、科学者が警鐘を鳴らしていたこと以上に世界中で異常気象が起きてしまっているように感じます。

でも、それは単なる一時的な変化に過ぎないと思っているのではないだろうか?

これからさらに加速していく可能性があるというのに、、、、。

そしてそれを止める方策は一つしかない。もっとも効果的で一番、今の地球に必要なこと。

それは地球上にもっと木を増やすこと

木をたくさん増えると地球に宇宙からのエネルギーを伝えます。木が無くなると地球のその部分は弱ってしまいます。

例えばあなたの肺を取ってしまったとします。すると呼吸が苦しくなって前と同じように酸素を体に取り入れられないでしょ?

それとか胃を手術して半分取ってしまったら、それだけ食べるものが取り入れられなくなって消化吸収に負担がかかるでしょ?

それと同じように地球にとっては森がたくさんあることが必要なんです。

だから今、地球に大急ぎでたくさんの木を植えることが重要なんです。

そう、今回の大雨、大阪の地震、原発の再開や新規の原発建設、政治家や官僚の不正、次々と日本国民を奴隷化する法制など毎日がうんざりするようなニュースばかりだし、絶望的になる。

なんとか、希望を乱そう、光を見出そうと探し回る、、、、

でも、そう簡単には変われないのかな、、、またレムリアの最後のようになるのかな、、、ってちょっと絶望的な気分になっていた。

それで夕食の準備をしながら野菜に触れていた、、、、野菜や果物に触れていると気持ちが落ち着くのね、、、、。

そしたら、、、、閃いたの! そうだ! 変わっている! 確実に変化している! 目覚めているし、行動している、、、、。

どうせ伝えても、伝わらないんだ、、、なんて気分になっていたの違っていた。そんな遠くの人のことなんて関係ないんだ。

私の身近な人に伝わっていけばいいんだ、、、って。

私がいろんな聖地へ言ったり、宇宙のエネルギーの変わり目の時に行なっている遠隔でのヒーリングに参加している方達の顔が浮かんだんです。

その方たちは確実に人生が変化しているんです。 嫌なことを無理やりやりながら生きていくんじゃなくて、本当に自分が幸せを感じられる場所を見つけたり、愛し愛されるパートナーと出会って幸せになっていたり。

自分らしい仕事を見つけ、自分がワクワクする人生をゆるせたり、豊かさを受け取ることを許可したり、愛されることを受け入れたり、、、、。

そう、遠隔ヒーリングに参加している人たちには確実に伝わっていると感じました。

自分を大切にして自分を愛せるようになると、地球に対する愛し方も変わります。植物や動物たちへの愛し方も変わります。

そして自分が地球に対して何ができるのかを自分で考えうようになり、実践していきます。

あ〜、本当に嬉しい。みなさんが本当に充実して活き活きと自分の魂の道を生きれるようになるということは、それだけ喜びや感謝や創造性のエネルギーを地球にも与えていることになります。

だから私がセッションや遠隔ヒーリングを通して一人ひとりの人生がより良いものへと変化していくお手伝いをすることで、この地球上で魂を輝かせる人が増えていく。

ハッピーな人が増えれば、ハッピーなエネルギーを発電できますからね。

今日は絶望から希望へと思いが切り替わりました。私にできることは精一杯やっていこうと思っています。

最後まで諦めずに、後悔しないで悔いのないように生きたいと思います。

でも一人では頑張れなんて言わないでくださいね。

どうぞあなたも自分のできることを実践してくださいね。

*富士山・箱根聖地からの遠隔ヒーリング
来週は富士山ー箱根神社・芦ノ湖のレイラインからの遠隔ヒーリングをします。7月13日、14日で行います。また後日、お知らせいたしますね。