女性性の解放と癒しの為に大切なこと

こんにちは。天海 和美です。

私の説明は本当に不親切だと思います。ちゃんとどなたでもわかるように書けばいいのにそうなっていない。
むしろ意味不明な暗号を読んでわかる人だけがわかればいいとさえ思っていて。

本当は大事なことなのですけれどそれを明確に「単語として」書くことに何故か抵抗感があります。
たぶんブログは不特定多数の方が読むからでしょうけれど。

30日に女性性の癒しの為に「祖先の為の祈り」と「地球に生まれてくることができなかった子どもたち(赤ちゃん)の癒し」のために遠隔ヒーリングをしますとお伝えしました。

でもその目的や意味は書かずにアップしました。もうすぐだということもあって夜中に掛けなかったというのもありますが。

もう寝ようかな~と思って深夜にメールを見たらある方のお申込みメールがありました。

その中に「この2つは「女性性の癒し」と切っても切れない関係とのこと、理屈ではなく感覚として腑に落ちました。
そして読み進めていくうちに、涙が出そうになりました。」というくだりがありました。

そうなんです。それはハートの奥に響いているのです。自分では記憶は無いのだけれど実は影響されているということでもあります。本当は自分の内側では「何とかしてほしい!」と叫んでいるのにそれが何だかわからない。

わからないけど「自分の人生にある部分」に影響しているのです。

私はそのトピックが何であるかを特定する必要はなく、ただ「手放し、解放しましょう」と言っています。

お願いだから手放して!お願いだから自分を解放してあげて!と思うのです。

でもそれに気づいて解放しようと決断した人だけしか前に進めないこともわかっています。

でもそれが伝わったら本当に嬉しい。私もがぜん頑張りますわ。

【30日の遠隔ヒーリングのお願い】

天海先生こんばんは。
いつもありがとうございます。

最近、身体から毒素が出ているのか、肌や呼吸器にアレルギーのような症状が出ています。

ビクトリアさんのオレンジのチャクラサークル(本当は第2チャクラ用なのでしょうけれど)を首に巻いて寝たりしているのですが、何だか呼吸が楽になるような気がします。

先程ブログを拝読したところ、30日に「地球に生まれてこれなかった子どもたちのための祈り」の遠隔ヒーリングをしていただけると知り、これは受けなければ…と感じました。

そして「祖先のための祈り」に関しては、実は前回のヒーリングの時にも気になっていたのです。でも、いろいろな考えから見送りました。

この2つは「女性性の癒し」と切っても切れない関係とのこと、理屈ではなく感覚として腑に落ちました。
そして読み進めていくうちに、涙が出そうになりました。(人目があるので泣けませんが)

支離滅裂な文章になってしまい、申し訳ございません。
ヒーリングよろしくお願い致します!

ーーーーーーーー
どうして切っても切れない理由があるのか?なぜこれが女性性を抑圧し否定し罪悪感を持たせるのか?ということも参加された方々には後ほどお伝えします。

いじわるするつもりは無いのですがやはり不特定多数の中で公開することはまだ出来ない世の中だと思うので。

というわけで11月30日は
【女性性の癒しのための祖先への祈りと地球に生まれてくることができなかった子どもたちへの祈り】の遠隔ヒーリングをします。長いですがそういう内容です。

このところたくさんの遠隔ヒーリングを行っています。その中で次々と次の課題を提示させられます。
人によっては受けたいけれど様々な事情で受けられない方もいるでしょうし、自分が解放するということに許可できないでまだまだ握りしめていたい方もいると思います。

そして12月はいよいよ冬至です。冬至は陰陽のエネルギーの陰が極まる日。つまり女性性のエネルギーがもっとも極まる日でもあります。その冬至には冬至セレモニーをしますが冬至に向けても「女性性の癒し」はとても大切になります。

ですので「今、女性性が癒されたい」癒されることで自分の人生を変えたいと思う方が参加してくださいね。

【女性性の癒しのための祖先への祈りと地球に生まれてくることができなかった子どもたちへの祈り】の遠隔ヒーリング

日時:11月30日
参加形態:遠隔ヒーリング
参加費:30000円+消費税8%2400円

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

※お間違えないですか?
お願い!携帯で受信の方は必ずパソコンからのメールを受信可能に設定をお願いします。もし、すぐに返事が無い場合はお手数ですがメールでお知らせください。

郵便番号(必須)

ご住所(必須)

電話番号(必須)

お申し込み項目

【11月30日女性性の癒しのための祈り】へのあなたの熱〜い想いをお待ちしています

あなたにとって最善のことだけが起こりますように